2017年5月28日 (日)

5月28日のいろ

今年の梅刈りはパスしたけれど、この時期お世話になっている梅園の方からもらった一枝、隅田の花火が開き始めました。
0528d

アナベルも白くなってきて。
0528c

0528eアナベルの周りで、アルストロメリアの原種も。赤いのはつる・サラバンド。

昨日は栄養系コリウスの苗2種を仕入れてきました。そのうち挿し木をする予定。
あとはサンビタリアの花苗、二株。
そのサンビタリア。元からあった我が家のが、一株冬越ししてプランターで咲いています。

0528b

スモークツリー。
0528a

| | コメント (0)

2017年5月27日 (土)

5月27日のいろ

朝はひんやり。さわやかな一日になりそうで、こんな日が5月の間にもっと多かったならば、バラも長く楽しめただろうに。
庭は一気に寂しい彩りになってしまいました。

0527a
白万重が朝日に当たって、まぶしい・・・

0527b
もうすぐアジサイの出番になります。

0525c1昨日の画像ですが、ブルーマジェンタとキングのアーチ。
この二つのバラはともに不調で、テッポウムシにやられたキングはマジェンタ同様、バラゾウムシにもやられて花数が少ないようです。しかし一本で頑張って咲いてくれました。
奥の赤いのはラ・セビリアーナ。
0527mi
ユスラウメは「フクロミ病」になってしまったので今年は花付きが少なく、咲いた花も切り取ってしまったと思っていたら、株元で実がなっていました。

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

5月26日のいろ

また雨模様。
ありがたいですけど、バラは急速に散り始めています。サマースノーは雨で散り、ラベンダーラッシーは大量の花びらを地面に落とし、イエスタデイはローズピンクのカーペットを。
巨大化したブラン・ピエール・ド・ロンサールの花が肉まん状態になり、手のひらで掴むと崩れるようになりました。なのでほとんどを落花するまでに摘んでしまいました。
これは開ききるまでの花の姿を現した一枝。
0526a

0526bペンステモン・スモーリーはよく見るとなんだか滑稽な顔。
今の葉っぱは明るいグリーンですが、発芽の頃や宿根する冬の間は後ろのスカーレットと同じく銅葉です。

西洋オダマキ・ブラックバローは花も小さく一見地味なので、来年は何かの花と組み合わせて、映えるようにしてみたい。0526c






| | コメント (2)

2017年5月25日 (木)

スモークツリー・グレース

今が花盛り・・いえ、煙盛り。「あれは何?」とよく聞かれる木です。
0525h
雨の重さで光ケーブルの線に届きそう。見ごろが終わったらすぐに切ろうと思います。
長いのは4メートル以上あるのですが、ご心配なく。高枝ノコギリと小さい踏み台があれば、どこで切っても芽吹くのでそんなに苦労しない。枝も柔らかいし、しなるので、たぐり寄せることも簡単です。

Smoketree1煙の正体は、花後の花柄が糸状に伸びたもの、とあります。(山渓カラー名鑑より)
そういえば、花を撮った事ってあんまりないなあ。最近は手の届かないところで咲くので特に。
過去の画像を探してみましたが、はっきり写ってないですね。淡い黄色の3ミリ程度の「花」です。
まだ植え付けて間がない、1メートルくらいのスモークツリー、今では想像できないかわいい姿です。

| | コメント (0)

5月25日のいろ

0525c久しぶりに・・12日ぶりですか。雨です。
昨日掃除しておいてよかったです。といっても、バラの花びら(特にラベンダーラッシー)がもっさり落ちていますが。

雨のシーザー。
長い枝先に蕾がたくさん付くので、なおいっそう重たげです。
長く咲いてなかなか散らないので、まだいけるかと触ってみると、ホロホロと崩れたりします。

0525a
足元にドクダミが流れるように咲いていました。

0525f
白万重。レーヴドールのフェンスで。窓に映るはスモークツリー。

0525g
クレマチス、ベティコーニング。上はイエスタデイ。

0525e1夜中の雨で、サマースノーがかなり散ってしまいました。エゴノキの花ガラも。

| | コメント (0)

オオスカシバ

ペンステモンの花を見つめていたらオオスカシバがやってきて、私の存在など無視して密を吸いはじめました。
0524ga 0524b2
左・ハスカーレッド、右・スモーリー。
昨日の画像です。

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

5月24日のにわ②

ほとんどのバラが散り始めて、まだ旬なバラはホワイト・メイデイランドくらいかな。つる・サマースノーは雪解け状態になってきました。高温が続いたので、バラの劣化が早くなったようです。
庭の整理をしました。まだ咲いている草花をだいぶん抜き、バラの花びらをかき集め、バラの足元をスッキリさせ、こぼれ種から芽生えたマリーゴールドを拾い上げました。
あとは雨が降ってくれるのを祈るように待っています。

庭を、東西それぞれの方向から。
0524d2
手前は地味ですが、キャットミント(ネペタ)です。

0524d5
赤いバラはラ・セビリアーナ。

0524d4
4種のヒューケラ。白いホタルブクロ。

0524c3
ミツバシモツケが咲いていました。花びらはヒナゲシ。

0524c2
サフィニアの咲きっぷりがすごい!

0524b3プランターのペンステモン・ハスカーレッドは一列に並んで。ちらっと下に見えるのはペンステモン・スモーリー。
バラはブール・ド・ネージュで、バロンと一緒に先月購入したもの。花はこれからで、葉にヨトウムシが付いています。

| | コメント (0)

5月24日のにわ①

曇っています。
通りがかる人に「きれいですね~」と言われますが、我が家のバラはもう散るものばかりで、ほぼ終わりかけています。来週には「夢のあと」となるでしょう。
今朝一気にいろんなものが散ったような・・気がします。
0524gomi

0524cイエスタデイが三段咲きになりました。一番上の枝は手作りアーチに這わせましたが・・残念ながらその部分は、カイガラムシ被害で栄養状態がよくなく、蕾が少ないです。

0524g
今年最も成績の悪かったのは、左下のブルーマジェンタ。バラゾウムシの被害がひどく、蕾がぽろぽろ落ちて。遅咲きの小輪はやられやすいです。
キング・ローズは一枝だけですが、2メートル半ほど伸びて。和室から見える景色を楽しみにしていたのに、今年はこんなふうです。

0524d
側溝際で、こぼれ種からの二ゲラ。毎年出てくる宿根バーベナ。

0523hana
遅れて咲いたトロピカルサーフが元気。他のは枯れかけているのに。赤いナデシコがまた咲き出しました。
0524e白いフランネルソウと黄色いエルサレムセージ。
フランネルソウは宿根しても最近は夏に枯れて無くなってしまう事が多い。でも種を蒔けば翌年には咲きます。
エルサレムセージは秋に蒔いても翌々年でないと咲かないけど。
セージというけれどセージの仲間ではなく、常緑の低木だそうです。挿し木すればいいかな。

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

5月23日のいろ

0523e鉢植えにしているローズドレッシュとバリエガータは終わり。今は花持ちがいいつる・レトロとラバグルートが咲いています。
レトロもラバグルートも、いつから咲いているんだろう。

0523f
水やり忘れがちなセッコクだったけれど、花が咲きました。

0523g
スモークツリーの下はホタルブクロとヒューケラ。

| | コメント (0)

5月23日のバラ

0523iアーチまで這わせたイエスタデイに、カイガラムシがびっしり付いていた。咲くのが遅いのではなく、そのせいで花付きが悪くなっていたんだ。

ラベンダーラッシー、散るのが早くて、フサフサになるにはちょっと無理なよう・・・

0523a
ピークな部分。

0523k
テッポウムシ被害のキングは今年は花数少ないけど、頑張って。

0523d
シーザーがブラン・ピエール・・のほうに浸入してきました。

0523h
蕾はラベンダーラッシーではなく、デュークオブエジンバラ。返り咲きもするバラです。

| | コメント (0)

2017年5月22日 (月)

5月22日のいろ

0522c1ゴミ袋いっぱいに草花やバラの花ガラを詰め込んだら、急に庭の終わりを感じました。

「サマーキング」だったか・・宿根しているジギタリスが庭に一株。
我が家の宿根草は真夏に消滅してしまう事が多いので、種で更新せねばならない。特にこのジギタリスは花を見るまでに3年かかった記憶があります。

白万重(しろまんえ)は丈夫なクレマチスなのではないかと。挿し木して一年でけっこう花が咲くし、花持ちも良い。0522d

柏葉アジサイが初めて開花します。アナベルは物置横でスタンバイ。
0522f0522b

0522e
ホタルブクロも庭のあちこちの木陰で咲き出して。マンテマの小さい花、わかりますか。

0522a1_2
勝手口でドクダミの花が咲いていました。

0522hanaはみ出してバランス悪いスモークツリーの枝を切り落とし、バラも重みで折れてしまったものを一緒に花瓶に。穴埋めにドクダミの花を。

今日も30度越えの予報。バラは一気に終盤に入りました。

| | コメント (2)

5月22日のバラ

早朝にバラの花ガラ摘みをしてゴミ出し。草花も間引きして。髪に寝ぐせ、首に手ぬぐい、マスク、帽子、長袖、ズボン、なぜか履物は下駄・・・人には見られたくない格好のところを、近所のご主人にバラの事で話しかけられた・・気まずかった・・・

あまりみられる事のない、物干し場手前のつる・シーザー。
0522b5
花枝が長いので、画面にきれいに収まらない。

0522b3
サマースノー、イエスタデイ、遠くにW・メイディランド。

0522b1
ラベンダーラッシーにクマンバチ。毎日忙しそうです。

ナローウォーターは蕾にバラゾウムシが細い花首に卵を産み付けているので、ほとんどを切ってしまった。花びらもサクラみたいに散る、一年中咲くバラです。
玄関の鉢植えバラやメアリーローズもデュークオブエジンバラも花が無くなり、ファンタンラトゥールは今年も少ない花で終わった。クレパスキュールも暑さとハナムグリできれいに咲かず。早咲きのレーヴドールはちらほら残り花。
今盛りなのは、W・メイディランド、イエスタデイ、ラベンダーラッシー、サマースノー、つる・シーザー、少なめのキング・・
ブラン・ピエールドロンサールは花持ち良いので今も大きな花を咲かせているが、咲き始め程きれいではない。ラ・セビリアーナやつる・サラバンドも花持ちするけれど、退色が始まっているし。
あと一週間で終わりでしょう。5月がこんなに暑いと、バラもあっという間。

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

5月21日のバラ

0521b8おそらく、ここ2,3日が我が家の後半バラのピークかも。高温で、咲き進み方が早いのです。
すでに終わってしまっているバラもあります。

ホワイト・メイディランドは、ひらひらと花びらがほぐれて咲き始めます。こういう状態の時が一番好き。
この一枝は少し持ち上げて、フェンスではなくブルーベリーの木にくくり付けました。

0521a10

昨日よりさらに増えた、ラベンダー・ラッシー。
0521c8

名前のとおり、少しラベンダーがかったピンクです。
0521a6

エゴノキに絡まるイエスタデイ。車庫側にサマースノー。
0521b6

イエスタデイ、キャサリン、バロー、ラッシー・・・
0521b12

0521a5↑ キャサリン・ハロップは短命かと思っていたのを訂正しなくちゃ。
花付きが良いと次から次へ咲いてくれるバラみたいです。

アーチに沿わせた鉢植えのバロー・ドジロードラン。20輪くらい咲いて、予想外のうれしい悲鳴。
今年は購入店の手入れのおかげでたくさん咲いたのかもしれないので、来年は頑張らなくちゃ。0521c5
ブラン・ピエール・・は咲き進んで巨大化。ナローは終盤。
奥の上の方に見えるのがつる・シーザー。0521c4
物干場から見ると、こう。このバラは長い枝の先に蕾がたくさん付く。

0521a9ファンタンラトゥールは3本あって、どれが親株だかわからなくなってしまったけれど、庭植え、鉢植えともほっそりしている。バラ園で見たのはしっかり頑丈な大株だった。
花首細いと、バラゾウムシにやられやすい。遅く蕾が付いたものは花を見ず落ちてしまったものも。

0521b3
つる・サラバンドは30年くらいの古いバラ。
後ろは裏のお宅・・今は亡き奥さまが、「2階で布団を干す時に、すごくきれいに見えるのよ」と、よくおっしゃっていました。その2階はご主人一人で今は窓が開く事もなく・・・

バラでお腹がいっぱいになって来たので写真はやめようと思うが、それでもこの時期しか咲いていないのだと思うと、やっぱりバシャバシャ撮ってしまう。同じ風景なわけがない。今日も明日も、今年も来年も。

| | コメント (0)

5月21日のにわ

0521c3昨日は30度を超えた。今日も似たような気温らしいです。さわやかな5月はどこへ行っちゃったんでしょう。

スモークツリーがモクモクしてきました。
ひゅるひゅる伸びている枝は、煙が収まったら切ろうと思っています。高枝ノコギリでね。

↓ リキュウバイに絡まっているアプリコットオレンジのバラはクレパスキュール。その手前は斑入りイボタノキ(プリペット)

0521b1

主要な枝が一本しかないキングローズが咲いてきました。
0521a2
左下に見えるブルーマジェンタは、バラゾウムシの被害が・・・

0521a4
鉢植えの花たち。サフィニアは丈夫ですね。バラはマチルダ。

0521a3
タマクルマバソウの花後もかわいい。バラはラバグルート。

0521c2
オオムラサキツユクサは朝がきれい。バラはW・メイディランド。
下の桃色昼咲き月見草は雑草扱いなので抜いているけれど・・・・

0521b10サンシュユの葉がうっそうとして来ました。
その下ではクレパスキュールが。









| | コメント (0)

2017年5月20日 (土)

5月20日のいろ

玄関横手の鉢花たち。
ティアレラは切り戻して2番花。ロベリア花盛り。挿し木出身のクレパスキュールは鉢植えで大きくならず。
0520a1

ごちゃごちゃ花壇を西側から。赤いバラはラ・セビリアーナ。
0520b17

0520b19中央花壇、デュークオブエジンバラは終盤。
宿根草のペンステモン・ハスカーレッドとキャットミント。黄色はエルサレムセージ。

昨日ご近所さんに「ネコを世話してみない?」と打診されたけれど、今は疲れているので、と正直に話して断りました。
思えば、ちいとクマスケにはずいぶん癒されたしたくさんのいい思い出をもらった。2匹とも病気だったので最後はかわいそうだったけれど。姑の世話と猫たちの病院通い・・・やっぱり疲れていたんだ、あの頃・・・今はほっとしたいのよね。

| | コメント (0)

5月20日のバラ

今日は30度近くになるって?バラには負担なこと。画像は早朝に撮っています。景色画像は拡大出来ます。

ラベンダーラッシーが咲き進んできましたよ。
0520b6
バックのキンメツゲの垣根が適当な背景色になっています。

ホワイトメイディランドも咲き出し・・・0520b9
白い花はフランネルソウ。

0520b10
イエスタデイは日当たりのいい枝が満開で、エゴノキの真下に誘引した枝はこれから。

0520b3
車庫の柱にいい感じにコラボできた。サマースノーとイエスタデイ。

0520b5バロン・ジロードランは先月初めに花フェスタのバラ苗店で購入したばかりの鉢植え。
横に這わせた方が花付きが良いのは分かっているけれど誘引するには遅すぎた。しかし、花付きは良い。来年もこうであってほしい。

このバラの特徴の覆輪が少ない個体かと思ったけれど、そうでもないようだ。白い覆輪、ギザギザの花びらにしっかり入っています。

0520a7

その下のキャサリン・ハロップは終盤。平たい八重咲き。
0520a6

道路の端に出て、引いて撮りました。休日の早朝は誰も通らない・・
0520b8
メアリーが降板。代わってラッシーが。キャサリンハロップ(中央)は次々咲いてくれました。

0520b12
西の方でクレパスキュールと少しレーヴドールも咲いている。
古い枝のままなので花付きが悪くなった、思い切ってばっさり剪定しようと思うけど、なかなか・・・

| | コメント (2)

2017年5月19日 (金)

5月19日のバラ

今日も夏日になりそうで、ヒトにとっても身体が追いつかないように、バラにとってもかなりの負担になっているに違いない。
日中は花びらの薄いバラなどはぐったり、ハラハラ散るのを待たないでそのまま乾燥してしわくちゃになってしまったり・・・あっというまに咲き進んであっという間に終わってしまいそうだ。

2階の東から見たサラバンドとナローウォータのアーチ。
ナローウォーターは上部のほうがよく咲いている。
0519d1

早朝のブラン・ピエールドロンサール。開ききって来た。
0519a

ブラン・・の後ろ側はつる・シーザーだ。
0519a1

0519a5ラベンダー・ラッシーはまだ蕾のほうが多い。
去年は咲く前に蕾が黄色くなってポトポト落ちてしまったけれど、今年は順調。


ラ・セビリアーナは黒点がひどく、黄色い葉をだいぶん摘んで写した。
左上から伸びてきている細い枝は、アスパラガス。2メートルは超えているのです。

0519a3

アーチに添えているバロン・ジロードラン。
0519a6

クレパスキュールはちゃんと咲いています。上の方で。
0519c1

新苗からのラバグルートは形よく小さな花が咲き花持ちも良い。
0519a2

0517a6つる・レトロは庭植えにしたいところ、植え場所がなくて今年も鉢植え。
ローズドレッシュは短命だが、今年は次々と咲いています。
そのローズドレッシュの葉に穴を開けたのは?












毎日ホントに同じような画像を撮っているので、整理しているうちに疲れてしまって・・・
まあ、自己満足なのだから別にアップしなくてもいいやと思ってしまった。ハードディスクににしまっておきます。

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

5月17日のいろ

写真ばかり撮っていないで、ほんとうは庭の作業をしなくちゃならない。種まきもまだ済んでいないし、春の草花を抜いた後の空いたところを整理しなくちゃいけないし。

0517d1
ごちゃごちゃ花壇。前も同じようなの写したなあ。でも花数が違う。

0517b5
ヒナゲシ。バックは除虫菊とバラのラ・セビリアーナ。

0517b4レンガで囲んだ枡の中には、デューク・オブエジンバラを真ん中に、キャットミントとペンステモン・ハスカーレッドとフウチソウとサルビア・ホルミナムと奥にグラス(見えない)・・混みすぎ。

| | コメント (0)

5月17日のバラ

アーチのサラバンドとナローウォーター。北側から。
0517rose
朝日が当たる方向に向いています。南側は車庫。

0517b2
ナローウォーター、南側から。やはり東→を向く。(手前は車庫の半透明の屋根がある。)
このバラはバラゾウムシの被害がひどく、せっかく一枝に10~15個くらいの蕾が付いても、その細い花首に卵を産み付けられたらしおれて全く咲かなくなってしまう。
全部咲いてたら壮観だろうな。

今日は他のバラの画像はやめておきます。さすがに飽きる・・?

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

5月16日のにわ②

夕方の庭。
東側のバラ、ナローウォーターとブラン・ピエールドロンサールと。
0516c5
奥にちょっとだけ、つる・サラバンドとシーザーと。

0516c6
玄関の鉢たち。
右下でラバクルート、小さなバラです。
0516e

道路側から右半分・・中央のバラは・・・
0516f2

花フェスタで先月買ってきたバロン・ジロードラン。鉢植えに。
0516f3
白い糸覆輪がやや少なめの個体なのかな?以前に育ててたのはもっとたくさん入ってた。

たとえ出かけていても帰宅したらまず庭へ直行。この月だけの習慣。
毎日似たようなアングルが続くけれど、本人は飽きていないのです。昨日と同じわけがない・・・

| | コメント (0)

«5月16日のにわ①