« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月28日 (土)

台風の影響で雨

ユリの球根は昨日植え付け。今日は朝からしとしと雨で肌寒く、ハイネックの薄手セーターを出して着るが、どうもこういう服は首がつかえて好きじゃない。
 
1028a
グルス・アン・アーヘン。
 
1028b
ミセバヤ。

| | コメント (0)

2017年10月27日 (金)

2日間の晴れ

昨日は名古屋地方はほぼ2週間ぶりの晴天だったそうな。今日も晴れ。明日からまた雨・・
庭でユリを植えるための穴を掘っていたら、聞き覚えのある鳴き声が。ジョウビタキのメスだったので、うちに居ついてくれるとうれしいな。我が家は毎年オスばかり、メスは最初の方はやってくるけれど、すぐにオスに代わってしまいます。

沖縄スズメウリがつるサラバンドのアーチで実っています。
1027a

コリウスはあと数週間持つだろうか。
1027b
 
やっとミセバヤが咲いてきた。花が少ない。
1027e

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

ルリタテハが羽化

昨日投票に行ったら、出口調査のアンケートを求められました。初めての経験。
台風21号は夜中に一番接近していただろうけど、眠っていたらしい。そのあとの吹き返しの風がすごくて寝不足気味。

1023b3

軒下からひらひらと飛び出して来たルリタテハ。どうやら、ホトトギスの葉を食べていた幼虫が羽化したようです。
強風で吹き飛ばされないように。1023b1

サンシュユの実が落ちています。久しぶりのお日さま。
1023a

10日前にレンタルした「ブロークバックマウンテン」がやるせなくモヤモヤしてしようがないので、DVDを注文してしまいました。娘や妹たちにも押し付けたいくらい。でも、ヒトの嗜好は決して自分と同じではないので、やめておきます。反対に、妹たちに韓ドラ勧められたら・・と思うと。

| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

ダルマギク咲いてます。

1020b発芽した苗にお日さまが欲しい。農作物にもかなり影響してるでしょうね。

ダルマギクは良く増えて密集しすぎると葉ばかり大きくなって花が咲かないので、だいぶん枝を透きました。
庭にも植えてます。この花の色がなかなか画像では出にくいんですよね。

1020a
ただでさえ支えがないと倒れてしまうフレンチマリーゴールド(ストライプドマーベル)、うどん粉病も発生していますが雨のおかげでなんとかなっています。

雨続きという事で、ビデオ鑑賞。「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」・・って、まるでラブストーリーのタイトル。でもラブシーンはない。キスシーンさえ。なのにこのタイトル、しかもR12指定→原題は【Demolition:破壊・解体】で、最初はコメディかと思ってしまった。2回しっかり見ると細かい設定までわかるのですが(邦題タイトルの意味も)、若い女性向けの邦題にしたのが惜しい。内容は好き。

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

再びぐずぐず

昨日は陽が射して今日も午前中はなんとか。しかしまた下り坂で、もうすぐ降って来そう。

物置前で咲いているノギクとアズレア。
1018a

最後の種まき(10粒の宿根スイートピーと5粒のセリンセ)を済ませ、パンジーなどの発芽苗を育苗箱に移植。
ヒューケラのひと鉢が触ったらごっそり抜けて、土の中にコガネムシ幼虫が20匹ほど。危ないとこだった。でもほとんど根がないので不安。
ユリの球根は夕方届く予定で、植えるのは1週間後かな。このぐずぐずお天気が終わらないとね。

| | コメント (0)

2017年10月15日 (日)

しばらくはお天気が×

いろいろしたい事があるのに、雨で・・・明日からの姑のショートステイも期間中ずっと天気が raincloudsprinkleweep 高山の紅葉は今年は諦めます。

ラ・セビリアーナ。
1015a

ダルマギクが咲き出すと、今年の花も終わりかな。
1015b

まだミセバヤが咲いてませんでした。
1015g

1015f以前よりは種まきの種類を減らしています。
これからしばらくお日さまがあまり望めない天気と思うので、徒長が心配。水やりは控えます。

種まきは残り、ラシラスとセリンセくらい。ワスレナグサとオンファロデスはこぼれ種でOK。オルレイヤはどうかな。球根類は来月になってから植えるつもり。そういえばユリの球根、まだ届いてない?

外は雨、軒下で連結トレイや育苗箱に移植するための土を準備しました。

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

秋の花色

1014f買ってきた仏さまの花が貧弱だったので、庭のフレンチマリーゴールドを5本くらい入れて飾りました。お寺さんが、「優しい花だね、見た事ない」と興味を持たれて。
花径3センチほどですが、60センチくらいは伸びてます。ただし、株は張るけどひょろひょろ茎が細いので重みで地面に着いてしまいそう。何かにもたれかけさせないと。ワイヤーと手前のホワイトメイディランドに助けられています。
8月に夏の花を待たずに一回切り戻しているんですけどね。後ろの赤いのはタイニーマイス。

タイニーマイスと同じ仲間の一年草扱いのクフェア。今年は遅いです。1014b

鉢に一株だけのジニア(サハラ?)とアゲラタムも今頃イキイキと。
1014c
コリウス挿し木の寄せ集めがいい感じに。

1014eいつも秋になってからしか咲かないアノダ。
ピンクも咲いている。

| | コメント (2)

ただ今奮闘中

エゴノキの切り口は直径12センチほど。しかし地中に入った根は頑丈です。根気よく切ってバラバラにするしかないですね。タコみたいになっています。1014a

0517ego_2kako過去のエゴノキをもう一度。
もったいない~と言われるかもしれませんが、やむを得なかったのです。これからは山歩きで楽しむことにします。低山ではごく普通に見かける木なんですよ。
ちなみに、エゴノキの花には裏年と表年があるようで、我が家のはいつも奇数年に咲いていました。

↓こちらはレーヴドールの根元のテッポウムシのオガクズ。
1013x
3ヶ所のうち1ヶ所はもう出ていない。残り2ヶ所。昨日も居場所が分からず殺虫剤を注入したのに今朝もオガクズは出ていた。難儀しています。
これをほっとくと、今度こそレーヴドールのダメージは大きい気がする。レーヴドールは株元からの新しい枝が出ないタイプのバラなのです。その代わり根は太い。今まで毎年のように入られていて、その都度無事に過ごしてきました。今回も頑張らねば。

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

しばらくはお天気が・・

朝からどんよりしています。今日は月命日、朝一でお寺さんに来ていただきました。

春に購入したスプニール・ド・マルメゾン。鉢植えにしてますが、枝枯れがよく生じるので長生き出来ないかも。一輪咲いていてもいい匂い。
1013a

レーヴドール、テッポウムシはまだ潜んでいるみたい。
1013b

クレパスキュールがかわいかったので、ついでに。
1013c

庭のメアリーローズは一度もテッポウムシにやられた事はなく元気。でも鉢植えのほう(挿し木なので2号)は気づかぬうちに枯れていましたweep どうやら原因はカイガラムシだったようで、せっかく大きくなり始めたのに残念な事を・・

エゴノキの株は掘り起こせずに残っているけれど、このまま腐らせます。周囲の根っこはできる限り切って取り除いていくつもり。
この空いた跡に、鉢植えのバラどれかを移植しようと。候補は、バロンかレトロかこのどちらかで。なにせ低いフェンス沿いなので、大きく伸びるもの(サマースノー2号、クレパスキュール2号、エメ・ヴィベール)や雨に弱い品種や一季咲き(上のスプニールとかバリエガータ・デ・ボローニャとか)はやめておきます。マチルダならいいかな。グルスアンアーヘンやローズドレッシュ、ラバグルート、ゴールデンボーダー2号は鉢植えのほうがいいし。ファンタンラトゥール2号・3号があるけどすでに庭植えしてるのがあるしこれもおおきくなるだろうし。(でも庭植えのはスモークツリーの下で貧弱)。そういえばジャストジョーイもあったなあ、余り成績良くないけど庭植えしたらいいか・・でも大きな花なので目立ちすぎる。近くにイエスタディがあるので、周りの調和も考えなくちゃね。悩ましい。
パンジーとか他の芽生えたものをポットに移植もせねば。だけど天気は下り坂・・・ずっと良くないってどういう事??

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

夏に逆戻り・今日で終わり?

ここ3日ほど高温の日が続いているので、しまいかけた半袖をまた出して着る始末・・
ヒヨドリがさかんにさえずっています。歌っているみたい。家の前の電線からも、裏のお宅の庭からも。
たぶんヒヨドリ(あるいはムクドリ、ツグミ?)の落とし物からあちこちにピラカンサが芽生えてきて、大きくなっては困るので抜くのですが、我が家では万両かピラカンサかというくらい多い芽生えです。

その落とし物から育ったピラカンサがだいぶん色づいてきました。
1012b

近寄ればアシナガバチの巣が!ずっと気が付きませんでした。
1012a

足元にはタイワンホトトギス。7月頃に一度カットしたので60㎝くらいで咲いています。
1012c

1012d数はぐっと少ないけれど、秋バラがきれいに咲くようになりました。

エメ・ヴィベール。
チュウレンジバチが付いているけれど、我が家のアシナガバチのために取らないでいます。私って、なんてやさしいんだろう?
現に、この車庫の天井裏にも大きな巣がひとつ。

1012f
クレパスキュールが上の方で。レーヴドールもちらほらと咲いていますが、クレパスキュールの方が蕾がたくさん付きます。

1012e
道路沿いのフェンス際、フレンチマリーゴールドがやっと今頃になって。うどんこ病が発生しています。小輪だけど高性種。

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

頑張っている花たち

1009f祝日でも姑のデイサービスはある。助かるけど遠出はできないんだなあ・・・朝早く出かける事は出来ないし、帰るまでに家に戻って来なくちゃならないし。つまり山はずっとお預けで最近はすっかりご無沙汰している・・次のショートステイはどうか天気が良くなりますように!

軒下のわずかなコンクリートの隙間から、こぼれ種でキンギョソウが春から咲いています。

1009g
名前を忘れちゃったんですが、プレクトランサス、ずっと咲き続けています。葉の裏がブラウン、しかし表はだいぶん色あせてきました。

1009d
なんと、ビオラが無事に夏越しして。ここからツマグロヒョウモンの幼虫も羽化していったようです。

| | コメント (2)

朝は曇り

晴れてくるのかな。

1009h
ムタビリスにヒラタアブ。秋のバラがちらほら咲き出してきました。

1009b
花芯の見えるエメ・ヴィベール。チュウレンジバチにも黒点病にもめげず。

1009c
コリウスとジニアと白いアゲラタム。

1009e
タイワンホトトギス。ルリタテハの幼虫は見当たらず。さなぎになったのかな。

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

雨が上がったばかり

明け方まで降り方がすごかった。最近の雨はみんなこう。
玄関開けたら目の前にエメがゆれている。いい匂いがします。咲いているのは5輪ほどですが。
1007a

気が付けば10月も7日。ヒナゲシの種蒔かなくっちゃ。

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

ノーベル文学賞!

オットも姑もいない朝だったので少し寝坊しました。といっても起きたのは6時半過ぎですが。
テレビをつけたら、ノーベル文学賞にカズオ・イシグロさんが!
偶然にも、ちょうど今読んでいるのが「わたしを離さないで」だったのでびっくり。昨夜も寝る前に読んでいた・・
(お話は主人公の回想文形式で淡々と語られていて、どういう状況なのだろうと不思議に思いながら、やっと真ん中あたりになって意外な事実を理解し始め・・物語に引き込まれたばかり。以前に読んだ「日の名残り」とは全く違うSFめいたお話です) 

1005c
オキザリス・ボーウィは放任状態。でもこの時期に花が咲くのはうれしい。
画像は昨日のもの。白花はユーパトリウム・チョコラータ。

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

秋らしくなったかな

1005a今朝の「あさイチ」は、実家の隣の町・岐阜県の中津川特集。私が時々散策に行っている付知峡が少し出てきました。そして、特産の「チコリ」・・以前に育てた事あるなあ。もちろん、花を観賞するのが目的でしたけど。
種はあるだろうか。あのブルーの色はまた育ててみたい花ではあるけれど。

一年草のヒメヒマワリが一株だけ。細い茎は意外と丈夫で、ハサミでないと切れないです。

1005b
こちらはローゼル。遅く撒いたので夏は育たず、秋になってヒョロヒョロ苗に花が。赤い実がかわいい。


昨日は秋のバラ祭り前の可児の花フェスタ記念公園へ。入場料が通常料金のうちに。目的は野草だったのだけど、イノシシが出るというので山側の散策路は全て立ち入り禁止になっていてショック。バラ苗はもう買いません。道の駅で栗きんとん買って帰りました。花フェスタのすぐ近くに、これで全国的に有名な中津川のK屋が店舗を出していてびっくり。

| | コメント (2)

2017年10月 3日 (火)

雨は上がったか

クレパスキュールの花が咲いている・・
1003a

クレパスキュールとレーヴドールの葉。
1003b
黄葉しかけているのに、赤い新芽も。そこから花が咲く。

昨日は夕方から夜にかけて良く降りました。

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »